せっかくのお宮参りは着物で行こう

お宮参りは赤ちゃんを授かった感謝と健康を願う行事であり、着物が基本とされています。ベビードレスなど洋装を選択することもできますが、着物は根強い人気があります。
お宮参りは一生に一度のことでもあり、せっかくの機会ですので正式な装いである着物を重視する方も多くいます。

New Posts

お宮参り用の着物はネットレンタルがおすすめ

お宮参りの衣装に着物を選択すると、費用が高かったり保管に手間がかかり負担が大きいと感じたりする家庭もあります。そこでネットレンタルのサービスを利用して、お宮参りの着物を準備する方法をお勧めします。良心的な業者であれば、種類も豊富で選択の幅が広く、しかもお手頃な価格で利用できます。

着物ネットレンタルの注文から返却までの流れ

お宮参り

衣装選びをする

レンタルショップが運営するホームページやカタログから、お気に入りの着物を選びます。ただし、予約済みで希望通りの商品をレンタルできない場合がありますので、注意。必ずレンタルしたい日時に空きがあるのか確認した上で、予約申し込みを行って下さい。

申し込みをする

レンタルしたい着物が決まり、予約できる状態ならここで初めて注文をする流れとなります。ただし、利用日までに予約を完了しなければならない場合がありますので、規約を良く確認しましょう。その後、注文の受付完了メールを受領して予約完了となります。

料金の支払い

銀行振り込みやクレジットカードなど業者が対応している支払い方法から、自分に都合の良い方法を選んで支払いを行います。そして、商品が希望日時までに到着すれば、配当完了となります。配送トラブルや、届いた商品に不足がないか必ず確認しましょう。

商品を利用する

届いた衣装を着せて、お宮参りに出かけます。晴れやかな行事を通して、想い出となる時間を過ごしてください。万が一、衣装を汚してしまった場合にも、業者のサポートのオプションサービスを利用して対処できると便利です。

商品の返却

行事が終了したら速やかに指定された日時までに、業者に返却できるように手配します。通常、利用する配送業者や伝票は用意されていますので、これを利用しましょう。なお着物のクリーニングは不要なことが多いです。受領の確認メールを受信して取引終了となります。

お宮参りの着物は根強い人気!レンタルは安いから利用しやすい

お宮参り

お宮参り用の着物の種類や相場

お宮参りの着物には、内着(肌着と白羽二重)に祝い着を羽織るスタイルが主流です。女の子であれば祝い着を友禅模様などのように、通常は華やか可愛らしいものが選ばれます。男の子であれば、黒、濃紺などをベースの色として男の子らしい龍や虎の柄が選ばれます。また、男女いずれにも使えるベビードレスを使う家庭もあります。女の子ならリボンをつけて、可愛く仕上げるやり方もあります。
ちなみに、お宮参りに使う着物の価格は、購入する場合は3~5万円程度が一般的です。もちろん高級なものは10万円以上するケースもあります。レンタルをする場合は、1~2万円程度が相場と考えて良いでしょう。